アンパンマンのブランコパークを解体しようと思ったらパイプ外し専用工具が壊れた。




強度無さ過ぎ!と思わず口に出してしまいました…

こんにちは、A-Tです。今日は子どもの遊具の解体に絡む話です。

 

アンパンマンのブランコパークを解体することにした

我が家ではアンパンマンのブランコパークを室内に設置しており、かれこれ5年ほど活躍してくれています。

これです。

子どもたちも楽しそうに遊んでいるのですが、体が大きくなってきた長男にはジャングルジムはきつくなってきました。

また、プラレールを大量に譲り受けたこともあり、「ここにプラレールを設置しよう!」と思ったこともきっかけです。

パイプ外し専用工具、逝く。

サムネ画像にもしていますが、解体を初めて数分。「あれ?外れないなー」と思ったら折れてました。

この件、ネット上で検索すると”耐久力のなさ”が話題になっています笑

マジかよ!解体できねーじゃん!どうしてくれるんだよ!と半ギレしながら販売元の株式会社アガツマのホームページへ。

 

部品受付フォームに詳細があったけど。

部品販売受付フォームというページ(リンクはこちら)で販売されている情報をゲット、早速覗いてみたところ、Amazonで販売しているとのこと。

ページ内にリンクがあるのでAmazonの商品ページに行くと、本記事作成時点の2021年7月29日では、

現在在庫切れです。 

この商品の再入荷予定は立っておりません。

ですって。「何ーーーーーー!!!!、どうすんだよ!!!とりあえず欲しいものリストに入れたけど!!」と怒りと落胆が混じった変な気持ちになりました…

そんな気持ちも束の間。商品ページに目を引くオレンジ色の似たような工具があるではないですか!

 

その名も、”解体キング パイプ外し専用器具 ジャングルジム 解体 工具 互換品 高耐久プロ仕様”

購入当時の金額で1,480円。

安くはありませんが、仕方なく速攻で注文。2日後に届きました。

かいたいKing2、現る

手に取った瞬間、耐久性の高さを感じました。ガタツキも純正品より少なかったです。

商品ページでは”解体キング”と表記されてましたが、”かいたいKing2″が正式名称なんでしょうか。

 

解体作業は問題なし

届いたその日に一部解体して別部屋へ移動させ、プラレールで遊べるようにしました。大人が本気で作ったレールに喜んでいる姿にホッコリしました。

解体中は”パイプが外れにくい”とか、”折れそう”という事は全くありませんでした。ですが、1つだけ気になったので最後にこの件だけまとめておきます。

 

少しだけ開き幅が小さい

何となく、「パイプを挟みにくいなー」と感じましたので、開き具合を図ってみました。

素人採寸ですので、ご了承ください。

まずは純正品です。

3.5cmくらいでしょうか?それでは”かいたいKing2″も見てみましょう。

3.4cmでしょうか?どちらにせよ、”かいたいKing2″の方が若干開き幅が小さいことが分かります。

1mmの差なので、個体差かもしれませんが、僕にとっては少しだけパイプを挟みにくかったです。

 

まとめ

いかがでしょうか。純正の工具が買えないと思った瞬間は複雑な気持ちでしたが、”かいたいKing2″のお陰で心が保たれています。

アンパンマンの遊具シリーズ、本当におススメですよ。これのお陰で家の中でも体を動かして遊べることが出来ていました。

現在は折りたたみできるモデルもあるようですね~

何度も専用工具を使う場面はないと思いますが、同じことが起こった方々のお役に立てば嬉しいです。

 

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。知りたいけど情報が少ないモノ、コトに触れるのが好きです。あとは"見てくれた人が役に立つ"と感じたものは積極的にネタにしようと思っています。