【北洲ハウジングで家を建てたよブログ#22】完成立ち合い

こんにちは。北洲ハウジングで家を建てたA-Tです。

22回目の「北洲ハウジングで家を建てたよブログ」は完成立ち合いについてです。

 

前回#21では、「修正があった」ことについてまとめました。

いよいよ工事が終了し、引き渡し!という訳ではなく、完成での立ち合いもありました。

完成立ち合いではどんなことをするのか、についてまとめています。

 

建てるまでの大まかな流れをまとめた#1も合わせて読んでくれると嬉しいです。

 

完成立ち合いとは

工事が終わって完成したら引き渡しされるのかと思いきや、完成時にも立ち合いがあります。

完成!やったー!引っ越しだ!

と気分は最高ですが、完成立ち合いは冷静になる必要があります。

 

理由は、

打ち合わせの通りに作られているか?

ということを隅から隅まで確認する必要があるからです。

 

他にも確認すべき点あり

“家が打合せ通りに作られているか?”というのを確認するのも完成立ち合いの大事な内容ですが、もう一つ重要な確認事項があります。

それは、隙間や汚れ、割れ、傾きなどはないか?ということです。

いわゆる初期不良的なものを見つけ、引渡し前までに修正してもらうことが大切です。

 

家具、家電を置くスペースの不具合は、入居前に修正しておかないと、おそらく、買い替えるまで気が付かないと思います。

一人では気が付かないこともあると思いますので、完成立ち合いは少なくとも2人以上で行ったほうがいいと思われます。

我が家は嫁と2人で行きました。

 

打ち合わせ通りでなかったことがあった

実際に完成立ち合いで、打合せと違う箇所が1か所だけありました。

もちろん打合せと違うので、無料で直してもらえます。

 

打ち合わせた内容は仕様書として、契約書類一式とともに渡されていますので、当日は仕様書を持参、かつ行く人分をコピーしておくと良いと思います。

また、契約時の仕様書から、その後の打合せで変更点が出ていることもあります。(我が家は結構変更がありました)

打合せの記録や仕様変更書なども併せて持って行ったほうがベターです。

 

他に気づいたところもいくつか

打ち合わせ通りか?以外にも隙間や汚れ、割れ、傾きなどの有無を確認することも完成立ち合いの1つ、と前述しました。

確かにありました。

隙間→壁紙の隙間が最初からあった

汚れ→外に謎の白い斑点汚れ

傾き→水場、照明が傾いていた

ざっくりですが、目を凝らして確認すると意外とあるもんです。

自分では見つけられなかった箇所もあったので、2人で行って良かったです。

 

次回は「最後の支払い」です!

引き渡し日が決まると、その前までに最後の支払いを済ませなければなりません。

単に支払うだけですが、簡単にまとめておこうと思います。

 

それではまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。「1986年生まれ男のリアルライフ」をテーマにしたA-T LOGを育休中に開設。