【レビュー】ambie sound earcuffsは耳元に近いスピーカー感覚?STH40Dとどちらを使うのか?




どうしても試してみたくて購入してしまいました。

つい先日、SONYのオープンイヤーイヤホンSTH40Dをレビューしました。

オープンイヤーイヤホンの選択肢は非常に少なく、他となると本日紹介するambie sound earcuffsくらいです。

Amazonでのレビューを見ると、装着感の違いや音の違い、耐久性に違いがありそうだったので、早速購入しました。

開封、装着

早速開封。価格はSTH40Dよりも高く、6,050円でした。

中身は本体と説明書のみ、というシンプルさ。STH40Dは持ち運び用ポーチもついてました。

カラーはAsphalt Blackをチョイス。

先端の穴から音が出てきます。この辺りが耳元にスピーカーがあるような感じ。というレビューにつながるのでしょうか。

リモコンはスイッチ1つのみで音量調整はできません。STH40Dはandroidで音量調整可能。

反対側はマイクです。

全体的にシンプルなつくりになっています。

 

装着

装着には”かなりの慣れ”が必要です。Amazonのレビューでは耳が肉厚な方は不向きのようです。

イヤーピースは1種類なので、大きな耳用の販売を求めるレビューもありました。

苦労して装着した姿がこちらです。

耳がつぶれているように見えますが、その通りです。少しつぶれます。

半日使用してみた感想

半日使用してみました。

Zoomでの社内ミーティングが1つあり、それ以外の時間も装着したまま過ごしました。

音質

STH40D同様、低音はスカスカです。音質は求めてはいけません。STH40Dよりも音質は低いです。

これはイヤホンと鼓膜との距離が違いますし、ambie sound earcuffsは外耳につけているので、物理的に音が逃げてしまうことも原因です。

オンライン会議では、人の声は問題なく聞き取れました。むしろ外音と同時に聞こえるので自然な環境とも言えるかもしれません。

 

マイク

マイク性能は良くないです。おそらく無指向性だとは思いますが、マイク部分を口元に近づけないと小さすぎます。

ミーティングの冒頭で「声が小さい」と指摘がありました。別のマイクを用意しておくか、発言時はマイクを口元まで持ってくる動きが必要です。

 

長時間の装着

少し耳がつぶれていたので痛みが懸念されましたが、半日装着した限りでは痛みはありませんでした。

物理的に耳の中に入れていないので、装着感としてはSTH40Dよりも良いかもしれないです。

頭を勢いよく振っても外れる気配がありませんでした。STH40Dは外れそうになります。

 

ambie sound earcuffsか?STH40Dか?

両方試した結果で僕が感じた特徴と選ぶポイントをまとめます。

ambie sound earcuffs

  • 見た目がシンプルでスマート
  • 物理的に耳に入れないので、外耳炎でお困りの場合は間違いない
  • 耳への固定力はSTH40Dよりも良いので、運動中の使用が考えられる場合

ランニングくらいの運動で使用するのであれば、ambie sound earcuffsの一択です。

ウォーキング程度であればどちらでも大乗そうです。

STH40D

  • ガジェット感強め
  • 物理的に鼓膜との距離が近いので、音質を取るなら間違いない
  • 肉厚耳はambie sound earcuffsだと痛いので消去法
  • androidで音量調整したい場合

こんな感じでしょうか。

僕はオンラインでの会議や商談以外での使用が想定されないので、STH40Dを使っていきます。

スマホもandroidですし笑

 

かなり気になっていたambie sound earcuffsを試すことが出来てスッキリしました。

どちらが迷っている方の参考になれば嬉しいです。

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。知りたいけど情報が少ないモノ、コトに触れるのが好きです。あとは"見てくれた人が役に立つ"と感じたものは積極的にネタにしようと思っています。