Ankerのモバイルバッテリー回収をお願いしてみた




以前、断捨離#7にてモバイルバッテリーの処分についての内容を出していますが、結構処分に困っている方も多いのでは?と思って別途まとめました。

 

Ankerのモバイルバッテリーの回収プログラムを利用しよう

モバイルバッテリーのメーカーでは有名なAnker。僕もpowercoer fusion 5000を愛用していました。

コンセント一体型で、モバイルバッテリーとシテだけではなく、充電器としても使えるスグレモノです。使用開始して3年位は経ったある日、全くバッテリーとして機能しなくなりました。

モバイルバッテリーの処分については、自治体や家電量販店での回収が最も多いように思いますが、回収をしていない自治体や量販店が多いのも事実です。

そんな中、これは良い!と思ったのが今回紹介するAnkerのモバイルバッテリー回収プログラムです。

こちらのリンクから詳細を確認できます。

 

回収している量は年々増えており、2018年までの実績も公開されています。

参考 リチウムイオン電池 回収状況(HP引用)

年度 回収量
2016 700kg
2017 1,640kg
2018 1,890kg

 

回収STEPは3つだけ(HPから引用)

STEP1: モバイルバッテリー回収の申し込みをする

⇒お問合せフォームから回収の旨を記載して送信するだけ。

※後日返信がありますので、郵送先の情報を返信します。

 

STEP2: 「専用の回収用キット」の到着を待つ

⇒数日以内に「専用の回収用キット」が郵送されます。

※キットはゆうパケット、レターパックライト/プラス、ゆうパックのいずれかが届きます。

STEP3: 専用キットに梱包する

⇒梱包して送り返します。

 

というメチャクチャ簡単な回収でした。

返送キット

僕の場合、なんと1度到着しませんでした笑

数日で郵送されるはずですが、1週間以上経っても投函されなかったので、頂いていたメールに返信してみました。

発送されているが、普通郵便なので追跡ができないとのこと。でご丁寧にもう一度郵送いただきました!

普通の郵便でポストに投函されます

本当に普通の郵便物として届きました。

内容物もシンプル

僕のケースではレターパックライトが入っていました。あとは回収に関わる文書が1つ。

 

文面は不具合品の回収と共通かと

おそらく不具合品の回収と同じ文面なんだと思います。返信キットにはモバイルバッテリー本体のみ入れるだけで良いようです。(楽ですね!)

 

指示通りにレターパックにモバイルバッテリーを入れて投函しました。

レターパックは追跡可能なので後日追跡してみましたが、無事に届いたようです。

 

廃棄/処分することを考えて、購入するものを選ぼう

こんなに簡単に回収をお願いできるのであれば、Anker製品を選ぶ理由になるな、と思いました。

今回の回収プログラムを利用してみて、モバイルバッテリーだけに限らず、廃棄/処分することを考えて物を選ぶことの大切さも改めて感じました。

みなさんも是非、この回収プログラムを利用してみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。知りたいけど情報が少ないモノ、コトに触れるのが好きです。あとは"見てくれた人が役に立つ"と感じたものは積極的にネタにしようと思っています。