【北洲ハウジングで家を建てたよブログ#26】引越しの日程調整




こんにちは。北洲ハウジングで家を建てたA-Tです。

だいぶ間が空いてしまいましたが、今回から第4章「引越し編」を始めます!

第3章までで家が完成し、引き渡しが終了しました。(前回の25回では引渡しについてまとめています)

 

引渡しが完了すると、ようやく引越しです。

実際は、引渡しの前から引越しの打ち合わせも始まることが多いかと思います。

その辺のスケジュールもお伝えできたらと思います。

1点、今回の内容についての注意ですが、我が家はかなりタイトなスケジュールで引越しをしています。

ご覧いただいている方は余裕を持って日程調整されることを強くオススメします。(本当に大変でした。)

 

建てるまでの大まかな流れをまとめた#1も合わせて読んでくれると嬉しいです。

 

引越しの打ち合わせはいつ頃から始めるのか

たくさんの時間と労力、そしてお金をかけたマイホームなので、1秒でも早く引越したいものですよね。

そのためにも、早めに引越しのスケジュールも決めてしまいたいものですが、引越しの日程を決めるためには、”引渡し日”が確定していなければなりません。

 

当たり前といえばそうなのですが、結構ギリギリにならないと引渡し日は確定しません。

目安としては、最後の立ち会い後、1週間〜10日前後です。(我が家は10日後でした)

結局の所、早く引越しの日程を決めたいと思っても、急いで決めることができない、というのが現状です。

引渡し日が確定してから、慌てずに動きましょう。

 

引越し日程を決める前にもやっておくことがある

念願のマイホームへの引越しが近くなってくると、ワクワク、ソワソワしてしまい、何をしたらいいか分からなくなってしまいますが、引越し日程を決める前に、是非ともやっておいたほうが良いことがあります。

 

それは、不用品、買い替え品を決めておくことです。

これ、マジで大切です。

不用品や買い替え品まで引越しで運んでもらうと、結構金額が変わってきます。

我が家の場合、担当の営業の方が親切で、不用品や買い替え品はあらかじめ決めておいたほうが良い、と教えていただいたので、かなりスムーズでした。

ちなみに、備え付けの収納を多めにしたので、各種収納家具の不用品が多く、買い替えるものは洗濯機と電子レンジくらいでした。

(※以前の投稿で、ソファやダイニングテーブル、リビングテーブルも購入したと記載していますが、到着が引越し後になることから一時的に新居に運んでもらいました)

 

引越し業者の決め方

引越しを何度も経験している方にとっては楽勝なことですが、あまり引越し経験のない方だと悩みますよね。

当初は、どこの引越し屋さんがいいんだろうなー、なんてボヤッと考えていた程度でしたが、蓋を開けてみたら提携している引越し業者を紹介してもらい、あっという間に決まりました笑

1社だけの見積もりは不安もありましたが、ビビるくらいに安かったです。

 

実際のスケジュール公開

当時のカレンダーを見て、正確なスケジュールを記載しておきます。

すべて引越し日を起点として書いていますので、参考になればと思います。

・2週間前:引越し業者と打ち合わせ

・11日前:最終立ち会い

・10日前:家電量販店で色々と購入、洗濯機と電子レンジの引取日を調整

・8日前:家具店巡り、不用品の買取業者に買取してもらう

・4日前:銀行で最終支払の手続き

・当日午前:家電量販店に洗濯機、電子レンジを引き取ってもらう

・当日お昼:買取業者に買い取ってもらえなかった不用品について、処分業者に持っていってもらう

・当日午後:荷出し&荷入れ

 

振り返ってみて

振り返ってみてもハードスケジュールだったと思います。

何度もお伝えしますが、翌日に引っ越しを設定するのはオススメしません(笑)、辛すぎます。

今となっては楽しい時間でしたが、一緒になって家電や家具選びをした嫁には本当に感謝感謝です。

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

そもそもですが、これだけのハードスケジュールをこなせたのには、理由があります。

この時期から、僕は”育児休業”を取得していたのです。初期の投稿に育児休業に関する投稿もしていますので、良かったらのぞいてみてください。

この、北洲ハウジングで家を立てたよブログが完結したら、育休に関することもドンドン発信していく予定です。

 

さて、次回第27回は「家電購入」です。

洗濯機と電子レンジを購入したことはお伝えずみですが、実際に何を買ったのか、他には何を買ったのか、などをお伝えできればと思います。

それではまた次回!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。「1986年生まれ男のリアルライフ」をテーマにしたA-T LOGを育休中に開設。