【レビュー】Baseus/ベースアス モニター ライト 安価でニーズを満たしてくれる照明でした




手元、暗くないですか?

こんにちは。絶賛テレワーク中のA-T(エーティー)です。基本、自分の書斎で仕事をしているのですが、照明は天井の1つのみ。

基本的な明るさは十分なのですが、照明の位置が座る位置よりも後方なので、書類を書いたり、サインしたり、手書きの際に手元が暗くて困っていました。

 

手元を明るくするために、デスクライトを探していたのですが、デスクの上はそんなに広くありません。可能な限り省スペースなライトを探していた時に、モニターの上に載せるライトの存在を知りました。

モニターに載せるタイプのライトといえば、BenQからスクリーンバーが有名ですが、なにせ高い。

 

迷っていた時に同じようなタイプで安価だったBaseuaという中国のメーカーから販売されているモニターライトに出会うことができました。

今回はこちらのレビューです。

開封して使用してみる

Amazonでの価格は4,600円でした。

商品の正式名は「Baseus i-wok Series USB Stepless Dimming Screen Hanging Light (Fighting)」です。

 

中身はシンプルで、本体とUSBケーブルです。

本体の詳細

ライト部分の長さは45cm程度で、正面に向かって右側側面に電源ボタンがあります。電源ボタン部分は回せるツマミになっており、これを回すことで輝度調整ができます。

全体像

電源ボタン(長押しで点灯/消灯、単押しで色温度が調整できます)

本体側はUSB-Cで、付属のケーブルはUSB-C to USBでした。

設置

さっそく設置してみました。Amazonで購入した29インチワイドモニターの上に載せてみました。ライト本体の上にwebカメラを載せることができました。

点灯

色温度は3種類あり、2900K、4000K、5000Kです。いずれも輝度maxの状態を撮影しています。

まずは2900K

4000K

5000K

手元が十分に明るくなるので、照度は十分です。色温度は細かく設定できるわけではありませんが、3段階あれば必要十分でした。

少し残念な点としては、光がモニターに入り込んでしまっています。BenQのスクリーンバーはモニターに光が入らないようです。

モニターを映して点灯

モニターを映してみました。

やはりモニターに光が入っていることが分かります。この状態で仕事してみましたが、気になるレベルではありませんでした。

 

BenQスクリーンバーの値段が高くて購入を迷っているなら買い

BenQのスクリーンバーはめちゃくちゃ評価が高く、機能も充実しています。色温度が8種類だったり、自動調光してくれたり。

だが高い。11,900円。

今回紹介したBaseusのモニターライトは4,600円です。別で4,200円のタイプも販売されていますので、欲しいけど値段が…と迷っている方であればBaseusのモニターライトは買いです。

BenQと比較したときのメリット、デメリット

BaseusのモニターライトとBenQのスクリーンバーを比較したメリットは、価格の安さくらいでしょうか。BenQを上回る機能は正直ありません…

デメリットとしては、モニターへの反射が少しあることです。でも、反射が気になって集中できない、というレベルではありませんでしたので、僕は問題ありませんでした。

(BenQスクリーンバーを使用したことがありませんのであしからず。)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

省スペースで手元を明るくしたい、という僕のニーズを的確に満たしてくれたライトでした。4,200円のタイプも気になる所です。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。「1986年生まれ男のリアルライフ」をテーマにしたA-T LOGを育休中に開設。