【北洲ハウジングで家を建てたよブログ#11】間取りの決め方

北洲ハウジングで家を建てたA-Tです。

「北洲ハウジングで家を建てたよブログ」ですが、今回から第2章です。

 

前回までの第1章では、家を建てよう!と思ってから設計の契約をするまでを9回にわたってまとめました。

前回#10では、設計契約についてまとめいますので、合わせてご覧になってみてください。

また、建てるまでの大まかな流れをまとめた#1も合わせて読んでくれると嬉しいです。

 

第11回は、ズバリ「間取り」です。

完全注文住宅で間取りを考えるのって、結構大変なんです。

北洲ハウジングならではのやり方もありましたので、併せてご紹介します。

そもそも間取りってどうやって決めるの?

間取りってどうやって決めるののが良いんでしょうか?

もちろん十人十色ですが、いくつかパターンがあると思います。

  1. 建てるビルダーの設計士にお任せ
  2. 個人の設計事務所にお任せ
  3. 自分で考えた間取りをビルダー/個人の設計事務所に持っていく
  4. 全部自分でやる

ざっとこんな感じでしょうか?

全部自分でやれる方は少ないでしょうから、1〜3のパターンが多いと思います。

 

一般的なパターンとして多いのは、建てるビルダーに任せるパターンではないでしょうか?

そのようなパターンだと、施主からの要望を聞いて間取りを組んでいくわけです。

  • 何部屋欲しいか?
  • リビングは何畳くらい?
  • キッチンは対面?壁向き?アイランド?
  • 収納はどれくらい?
  • 和室はいる?

こんな様な情報を聞き取りながら、設計士が設計図を書いていくわけです。

 

北洲ハウジングの決め方

北洲ハウジングの間取りの決め方は少し違います。

施主からの要望ももちろん聞いてもらえるのですが、「暮らしのインタビュー」という独自のものがあります。

北洲ハウジングはこのインタビューに自信を持っている様で、多くの方が1回目の間取り提案で決まっているとのことでした。

 

「暮らしのインタビュー」というだけあって、その人がどんな暮らしをしているのかを伺います。

事前に、1日の生活の流れを記載するシートを作成してインタビューを受けるのですが、朝起きてから寝るまでをザッと書き込んだと記憶しています。

 

「暮らしのインタビュー」は担当の営業、設計士、インテリアコーディネーターの3名が同席されていたかと思います。

インタビューの内容もかなり詳細まで聞き取りがありました。

 

具体的には、

  • ご飯は何時か?
  • 掃除はいつするのか?
  • 洗濯機は何時に回すか?
  • 空いている時間に何をしているか?

などなど、僕だけでなく、妻についても細かくインタビュー受けました。

その他にも、それぞれの好みや子供のこと、将来のこと、かれこれ3時間近くかかったと思います。

 

ご想像の通りですが、この「暮らしのインタビュー」によって得られた情報を元に間取りを「提案」してくれるのが北洲ハウジングのやり方です。

 

「暮らしのインタビュー」のメリット

「暮らしのインタビュー」は、我が家にとって、とても助かるものでした。

メリットとしては、

  • 具体的な間取りの希望がない場合に有効
  • 自分たちでは思いつかない提案が受けられる
  • 間取り以外にも、内装、外装まで提案してくれる
  • 将来を見越した間取りの提案

こんな感じでしょうか?

 

我が家にとっては、1番目がとても助かりました。

間取りについて、まったく考えていなかったので、「暮らしのインタビュー」を受けて、どんな間取りが提案してもらえるのか楽しみでした。

 

デメリットは?

デメリットももちろんあります。

「具体的な間取りを考えている」ケースです。

もちろん考えた間取りを受け入れてもらえると思いますが、具体的な間取りがあると、インタビューが上手くいかないような気もします。

人によっては「暮らしのインタビュー」自体が苦痛に感じるかもしれません。

 

その他のデメリットとしては、私生活について話したくない方には合わないことです。

日常の暮らしについてインタビューを受けるので、自分たちのことを話したくない場合は合わないかと。

 

我が家の間取りはどうだったのか

結果から申し上げますと、1回目の提案では決まりませんでした…

コンセプトがバッチリだったのは素晴らしかったです。

 

改めて僕たちの希望を伝え、1回目の図面では修正ができないレベルだったので、1から作成し直し、ということになりました。

2回目の図面で希望通り、+αの提案があり、少しだけ修正を加えて完成しました。

 

お陰で我が家は間取りの不満が何一つありません。

欲しい部屋数や広さから間取りを考えるのもいいですが、我が家には「暮らしのインタビュー」をはじめとする北洲ハウジングの間取りの提案が本当に合っていました。

 

間取りが決まると、次は内装、外装ですね。

こんな小さなところまで決めなきゃならんのか!と疲労困憊していた時期もありましたが、終わってみれば楽しかったです。

 

というわけで、次回は内装についてです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。「1986年生まれ男のリアルライフ」をテーマにしたA-T LOGを育休中に開設。