【北洲ハウジングで家を建てたよブログ#10】設計契約について

北洲ハウジングで家を建てたA-Tです。

第10回となった「北洲ハウジングで家を建てたよブログ」ですが、今回は設計契約です。

前回#9では、お宅訪問についてまとめています。

また、建てるまでの大まかな流れをまとめた#1も合わせて読んでくれると嬉しいです。

 

設計契約とは?

大手メーカーや地元の工務店など、家を建てる際に依頼するビルダーは数多く存在しますが、そのほとんどが契約は1回だと思います。

(※設計だけは別の建築士の方にお願いする場合を除く)

北洲ハウジングでは契約が2段階あることも特徴の1つです。

2段階というのは、「設計契約」と「本契約」です。

今回お話しする設計契約とは、文字通り「設計」を北洲ハウジングに依頼する契約となります。

 

予算がある程度固まった段階で、その予算の範囲内で、自分に合わせた設計をしてもらいます。

担当の営業から聞いた話では、「設計だけ行い、実際は建てなかったお客様もいます」とのことでした。

その点では安心感があります。

 

一般的に契約金は100万円と言われていますが、北洲ハウジングの設計契約では半分くらいの50万円くらいを支払うケースが多いようです。

設計のみなので、建築士なかった場合は設計代金以外は返金されるとのことでした。

 

契約が1回のデメリットについて

北洲ハウジングでは契約が2段階ですが、ほとんどのメーカーでは1回の本契約のみです。

“お客さんが逃げられなくなるように1回にしている”という話もありますが、施主の自分たちにとって不都合は多いです。

契約1回のデメリットは、

  • どんな家(間取り、外観など)を建てるか決まっていない段階で工事まで契約することになる
  • 設計した段階で、当初の予算を大幅にオーバーするケースもある
  • 契約破棄しても、お金は基本的に戻ってこない

 

結構怖いですね。

その点北洲ハウジングは自分たちの予算内で設計した後、オプションや外観など、全て決めてから本契約します。

つまり、「この家を、この金額で建てる契約をする」というのが北洲ハウジングの本契約ということになります。

 

我が家は、どれくらいの期間で設計契約したのか?

住宅展示場などを見学し始めて2ヶ月くらいで設計契約しました。

家を建てる!と決めてから2ヶ月で契約って、早いですかね?

 

一条工務店と迷っていましたが、1ヶ月かけて両社のお宅訪問や完成見学会で比較して決めました。

あと、これはたまたまですが、ちょうど北洲ハウジングでキャンペーンを実施していたことも早く契約に至った理由かも知れません。

北洲ハウジング以外の各メーカーでもキャンペーンを実施していることもありますので、チェックしてみると意外と良いです。

(100万円割引というのも普通にあります笑)

 

まとめ

今回は北洲ハウジングの特徴の1つである、「設計契約」についてお話してきました。

まとめると、

  1. 「設計契約」は文字通り設計のみ
  2. 建てなくても設計代金以外は返金される
  3. 1回のみの契約はデメリットがあるので注意
  4. 各社キャンペーンを利用すると、100万円割引なんてこともある

 

第10回にして、ようやく設計契約が終わりました。

次回から本格的な打ち合わせに入っていきます。

第11回は間取りです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。「1986年生まれ男のリアルライフ」をテーマにしたA-T LOGを育休中に開設。