腹筋ローラーはじめました。




体力づくりってされてますか?暑いのが苦手で、夏はインドア派のA-Tです。

そろそろ10月を迎え、少しずつ涼しくなってきましたね。

毎年涼しくなるとランニングを行っているのですが、そこに加えて今年は筋トレもしようと決断。

腹筋ローラーを購入したわけです。

 

購入したのはこちら

Amazonで評価も高く、値段も安かったのが決め手です。

ポイントも利用し、数百円で購入しました。

 

開封、組み立て

箱はこんな感じです。こんなカラダになることはできるだろうか…と思ってしまいますが、適度に筋肉が付けば十分です。

中身はこんな感じです。説明書と膝マットも入っています。

組み立てはメチャクチャ簡単で、片方の取っ手を引き抜き、2つのローラーを入れて取っ手を戻すだけ。

(ローラーに向きがあるので、そこだけ注意すれば1分掛からないです)

付属のマットはかなりショボいのですが、膝付きでやってみると、マットがないと膝が痛すぎます。

子供部屋なんかに使用するマットを切り抜いたようなものでした。

 

2回やりました

1回目は、膝付きで朝×10回、昼×10回、夜×10回です。

2回目は3日後の今朝…。ひどい筋肉痛に襲われてしましました(笑)

初めて腹筋ローラーをやる際は、1回目はかるーくやることを強くオススメします。

 

腹筋ローラーで鍛えられる筋肉

腹筋ローラーには膝付き、立ったままの2パターンでのトレーニング方法があります。

どちらのパターンでも鍛えられるのは以下の筋肉と言われています。

  • 大胸筋
  • 上腕三頭筋
  • 腹直筋
  • 腹斜筋
  • 三角筋
  • 脊柱起立筋

何となく上半身メインであることは分かっていましたが、やっぱりそのようです。

しかし、立った状態での腹筋ローラーでは一部の下半身もトレーニングが可能な様です。

主には、大殿筋、大腿四頭筋に効果があるようですが、「立った状態でできる日は来るのか?」と思うほど膝付き状態でも本当にキツイです…

 

1,000円で買える器具としてはコスパ高い

まだ2回しか実施できていませんが、自重を利用したトレーニングで、器具自体も安いのでとてもコスパに優れたトレーニングです。

この夏のステイホームで衰えたカラダにムチを打つべく、一緒に頑張りましょう!

それではまた!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。「1986年生まれ男のリアルライフ」をテーマにしたA-T LOGを育休中に開設。