「男の断捨離#3」HDD(ハードディスク)の処分、というか破壊




ご覧いただきありがとうございます、A-Tです。

断捨離3回目は、使わなくなったHDD(ハードディスク)を捨てました。

タイトル通り、データ復旧できないように破壊もしています。

 

断捨離をする際のルール、現在のプロフィールについては、「男の断捨離はじめます。」をご覧ください。

 

デジタルデータも捨てよう

スマホやタブレット、パソコンの容量に空きはありますか?

スマホで写真をたくさん撮る方だと、写真だけで何十GBあると思います。

パソコン内に入っている写真、動画の容量を確認したら約70GBでした…(今のところ写真の消去予定なし)

 

僕自身、以前にデジタルデータの整理をした経験があります。

一番効果的だったのは、「音楽データ」の消去でした。

 

ストリーミングサービスで聞ける音楽以外は消去

YouTube Music、Spotify、Amazon music、Apple musicなど、音楽のサブスクはたくさんあります。

無料で使えるものから有料版までいろいろですが、僕は主にSpotifyとAmazon musicです。

2つくらいあれば、ほとんどの曲を聴くことができてしまいます。

 

さて、ご自分のスマホやパソコンに入っている音楽データはどれくらいでしょうか??

僕は確か30GBくらいあったと記憶していますが、現在は245MBです(笑)

サブスクではどうしても見つけられなかったけど、定期的に聞きたくなるもの以外は消去です。

 

データが少なくなると、容量の大きなデバイスを買う必要がなくなります。

容量の大きなデバイスは高額なことが普通なので、お財布にも優しい。という訳です。

実際に僕のデスクトップPCのメインドライブはSSD128GBで、十分快適に生活できています。

※別途1TBのHDDがあり、必要なデータはそちらに保存していますが使用状況は150GB程度です。

 

断捨離ルールを3つ作ってます

男の断捨離はじめます。」の投稿において、断捨離ルールを3つ作っていますので、読み進める前に確認してもらえると嬉しいです。

今回も、HDDを処分するにあたり、理由はしっかりと書き留めておきます。

 

処分品の紹介

今回、処分したHDDはこちらです。

Macを使用していた時に使用していた2つのHDDで、購入時期の痕跡は残っていませんでした。

写真の左がWDの2TBのHDD、右がLaCieの320GBのHDDです。

WDの2TB HDDはAmazonでは取り扱いがなくなっていました。

2012年販売開始なのでだいぶ古いですね。

 

LaCieの320GB HDDは2007年から販売されているもので、とても古いのですが、なんとAmazonではまだ売ってました。

Card

 

処分理由

今回も、以下について記載しておきます。

  • 詳細に何を捨てたのか
  • 今まで捨てられなかった理由
  • 捨てる理由について

WDのHDD(2TB)

  • 今まで捨てられなかった理由:まだ使えた
  • 捨てる理由について:データ断捨離して、そもそも使う用途がなくなった

→MacのTime machine用に使用していました。

 

LaCieのHDD(320GB)

  • 今まで捨てられなかった理由:まだ使えた
  • 捨てる理由について:データ断捨離して、そもそも使う用途がなくなった

→容量の小さなMacbook Airを使用していた時期があり、データ保存用として使用していました。

 

どちらも「まだ使える」ものだったのが捨てられなかった原因です。

1年以上使用していなかったので、使うことはないでしょう。。

 

HDDの処分は少し厄介

HDDの処分は中のデータ消去が大切です。

専門の業者にお願いしたり、データ消去するソフトを使ってもいいと思います。

 

が、

 

絶対に安全とは言い切れないのがこの世の中。

一番安全な「破壊」が最強です。

 

2つのHDDを破壊する

WDのHDDはカバーを無理やりこじ開けると、あっという間に2.5インチのHDDが姿を現しました。

LaCieはアルミでおおわれているのですが、押し込んでみると、

スポッと抜けて、こちらも簡単に2.5インチHDDが現れました。

2つのHDDを並べました。

 

内部のプラッタ(円盤)を破壊することが目的なので、突き刺してやりました。

余裕で貫通できました。

どちらもガラス製のプラッタだったのか、1発突き刺しただけで粉砕した音がしていました。

念のため複数回突き刺しておきました。

 

肝心の廃棄方法ですが、わざわざ家電量販店に持っていくのが面倒だったので、近くのクリーンセンターへ直接持ち込みました。

廃棄に手間のかかるモノは、あまり買わないほうが良いと感じた断捨離でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントやアドバイス、こんなものを断捨離したい!などいただけると、嬉しくなって更新頻度が上がるかもしれません。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 長男が発達障害を抱えていたこともあり、次男が生まれたのを機に4ヶ月半の育児休業を取得。「1986年生まれ男のリアルライフ」をテーマにしたA-T LOGを育休中に開設。